【店舗の電気】低圧と高圧の違いを徹底解説!どっちの料金が安い?

アイキャッチ画像

電力プラン選びにおいて、低圧電力を導入した場合と高圧電力を導入した場合とでは、その後の利用料金に大きな違いが生じてしまいます。

自社の用途に適さない電力を選んでしまった結果、電気料金が割高になってしまったなどのトラブルはなるべく避けておきたいところです。

今回は、低圧電力と高圧電力の違いについて、それぞれの供給方法や料金、利用シーンの違いなどについて、わかりやすく解説していきます。

電流・電圧・電力とは

電流・電圧・電力とは

電力(W)=電圧(V)×電流(A)

低圧電力と高圧電力の違いを解説する前に、まずは、電流・電圧・電力のそれぞれの違いについて、理解しておく必要があります。

そもそも電流とは、電線を流れる「電気の量」を表す言葉で、単位としては「アンペア(A)」が用いられています。

対して電圧とは、電線を流れる「電気の圧力」を表す言葉で、単位としては「ボルト(V)」が用いられています。

最後に電力とは、単位時間あたりの「電気の仕事量」を表す言葉で、電流と電圧の合成量を指し、単位としては「ワット(W)」が用いられています。

そのため、同じ10Aの電流であっても、電圧(押し出す力)が100Vと200Vとでは、1,000W(1kW)と2,000W(2kW)の違いがあります。

低圧電力とは

低圧電力とは

低圧電力とは、直流で750V以下交流で600V以下の電圧を指す、電気設備基準における送電電圧の規格の一つです。


直流交流導入施設
低圧電力750V600V一般家庭・個人店舗

低圧電力は、発電所から超高圧変電所、一次二次変電所、中間変電所、配電用変電所、トランスと呼ばれる変圧器を経由して配電されます。

トランス

トランスとは、電柱の上に設置された柱状変圧器のことで、主に家庭や店舗などの低圧電力を提供する場合に使用されます。

トランスがあることによって、変電所から送電された高圧電力は100Vまたは200Vにまで電圧が下げられ、各家庭で使用できる電圧に変換されます。

高圧電力とは

高圧電力とは

高圧電力とは、直流で750V以上~7,000V以下交流で600V以上~7,000V以下の電圧を指す、電気設備基準における送電電圧の規格の一つです。


直流交流導入施設
高圧電力750V〜7,000V600V〜7,000V病院・工場・倉庫

トランスの手前で6,600Vまで電圧を下げられ、この高圧電力をキュービクルと呼ばれる変圧器を経由して、電圧を100Vまたは200Vに下げています。

キュービクル

キュービクルとは、柱上変圧器(トランス)の代わりに、オフィスビルや店舗などに設置される自家用の変圧設備のことです。

主に高圧電力を契約した場合に設置される装置で、発電所から送電された6,600Vの電圧を、100Vや200Vの電圧に変換する役割を担います。

特別高圧電力とは

特別高圧電力とは

特別高圧電力とは、直流・交流ともに7,000V以上の電圧のことで、電気設備基準における送電電圧の規格の一つです。


直流交流導入施設
特別高圧電力7,000V〜7,000V〜ビル・工場・倉庫

変電所から直接電力を引き込むため、引き込みに必要な送電線や鉄塔、設備維持のための電気主任技術者の配置などが必要になります。

低圧電力と高圧電力の違い

低圧電力と高圧電力の違い

導入費用や使用料金の違い

低圧電力は、トランスから各家庭や店舗などの分電盤までは電力会社の所有物となるため、設置にかかる導入費用などは特に必要ありません。

高圧電力は、高圧電力の電圧を下げるためのキュービクルを独自に設置する必要があるため、設置費用や人件費などのコストが発生します。

電力の使用量によって発生する電力量料金は、低圧電力よりも高圧電力の方が安価なことが多いため、シーンによって使い分けることが重要です。


低圧電力高圧電力
キュービクルの設置不要必要
導入費用安い高い
使用料金高い安い
料金相場20〜30円/1kW15~20円/1kW

供給方法や設置機器の違い

低圧電力と高圧電力とでは、電気の受電方式や設置機器に大きな違いがあるため、あらかじめ注意しておきましょう。

低圧電力は、発電所から超高圧変電所、一次変電所、中間変電所、配電用変電所を経由して、電柱に設置されたトランスから電気を供給します。

一方の高圧電力は、発電所から配電用変電所までは低圧電力と同じですが、トランスの代わりにキュービクルと呼ばれる変圧器を使用します。

利用シーンや使い分けの違い

低圧電力は、60A以下、50kW未満とされることが一般的なため、一般家庭や個人の店舗、中小規模のオフィスなどにおすすめです。

高圧電力は、60A以上、2,000kW未満とされることが一般的なため、大規模な倉庫や工場、オフィスビルなどにおすすめです。

個人や中小規模の店舗には低圧電力を、電圧の大きな特殊機器を使用する施設には高圧電力を導入するのが一般的と言えるでしょう。

電力会社やプラン選びのポイント

電力会社やプラン選びのポイント

基本料金を比較する

電気の基本料金とは、その月の電気の使用量に関係なく、毎月一定の料金が発生する基本的な電気の固定費のことを指します。

使用量に関わらず、毎月一定の料金が発生するため、可能な限り基本料金は低いサービスを選んでおくことをおすすめします。

電力量料金を比較する

電力量料金とは、使えば使うほど請求額が高くなるもので、電気の使用量に応じて発生する従量制の料金のことを指します。

自由化電力には、使えば使うほど電力量料金がお得になるサービスなどもあるため、まずは現状の使用量を確認することが重要です。

実際の料金を試算する

自由化を検討する場合には、現在の電力プランと新しく契約したい電力プランを比較することで、乗り換えによる料金メリットを算出しましょう。

毎月の料金は、電気の使用量や契約容量によって大きく変動するため、現在の状況に適したプランを選ぶなどのシミュレーションが大切です。

電気料金を安くする方法

電気料金を安くする方法

電気料金を安くする方法としては、手間もコストも最小限で済む「新電力プランへの切り替え」がおすすめです。

2016年4月から解禁された電力の小売自由化によって、現在では、地域の電力会社以外の電気でも、自由に電力を選ぶことができるようになりました。

しかし、数百社を超える複雑な自由化プランの中から自社に最適なプランを選ぶことは、素人にはなかなか骨の折れる作業と言えます。

自身での比較が難しいようであれば、複数社の自由化電力を一括で比較することができる見積りサービスの利用を検討してみましょう。

電力会社30社から最安料金を比較!無料の一括見積りはコチラから!

まとめ

今回は、低圧電力と高圧電力の違いについて、それぞれの供給方法や料金、利用シーンの違いなどについて、わかりやすく解説していきました。

特殊な設備を利用するようであれば高圧電力を検討するべきでしょうが、一般的な用途であれば低圧電力でも充分な電力量を賄うことができます。

低圧電力と高圧電力とで導入を迷っている場合には、一度プロによる無料一括見積りを利用してみるのがおすすめです。

低圧電力と高圧電力はどっちがいい?無料の料金比較はこちらから!


\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5877-3324 営業時間:平日9:00~19:00