【完全網羅】関西電力の法人プランを徹底解説!低圧と高圧はどっちがおすすめ?

アイキャッチ画像

関西電力の法人向けプランを知りたい...

関西地域で使える店舗の電気を探している...

大阪周辺の地域で法人向けの電力を探している場合、まず真っ先に候補に挙がるのが、業界大手の関西電力ではないでしょうか?

自由化が解禁される以前から存在する、地域の電力会社であるため、安全性や信頼性の面から導入を検討している方も少なくないでしょう。

今回は、関西電力の法人向けプランにスポットをあてながら、料金メニューの種類やおすすめの導入シーンなどを徹底的に解説していきます!

関西電力の法人向けプラン

関西電力の法人向けプラン イメージ画像

画像引用:関西電力 公式サイト

関西電力とは?

関西電力株式会社(KEPCO)とは、主に、個人や法人に向けて電力の提供および販売を行っている大手電力会社のことです。

電力の販売以外にも、再生可能エネルギーの生産や都市ガスの提供、企業のエネルギーマネジメントなど、幅広い事業を手がけています。

関西電力の提供エリア

関西電力の提供エリアは、主に「関西電力エリア」と「東京電力エリア」で分かれており、関西以外の地域でも利用することができます。

大規模な設備が必要になる高圧・特別高圧プランなどは、環境や条件によっては提供できない場合もあるため注意が必要です。

提供エリア
提供地域
関西電力エリア
京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)
東京電力エリア
栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(島嶼地域を除きます)、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)(不破郡関ケ原町の一部)

関西電力の法人向けプランは主に2種類ある

関西電力の法人向けプランとしては、主に小中規模施設に向けた「低圧」と、大規模施設に向けた「高圧・特別高圧」の2種類が存在します。

導入先の施設の規模や電力の消費量、動力設備の有無などによって使うべき電力は異なるため、まずは必要なアンペア数の確認が重要です。

関連記事:【店舗の電気】低圧と高圧の違いを徹底解説!どっちの料金が安い?

低圧プラン(店舗・商店向け)高圧・特別高圧プラン(ビル・工場向け)
従量電灯A高圧(契約電力500kW未満)
従量電灯B
eスマート10高圧(契約電力500kW以上)
低圧電力
なっトクパック特別高圧
再エネECOプラン

関西電力の法人向け低圧プラン

従量電灯A

従量電灯B イメージ画像

画像引用:関西電力 従量電灯A 料金ページ

従量電灯Aは、最低料金と従量料金から構成されるベーシックな料金プランで、電気の仕組みがよくわからない単身世帯などにおすすめです。

一方、他社の新電力と比べた場合、最低料金や従量料金が割高に設定されているため、本格的な店舗運営には不向きなプランと言えます。

従量電灯B

従量電灯B イメージ画像

画像引用:関西電力 従量電灯B 料金ページ

従量電灯Bは、従量電灯Aと同様、基本料金と従量料金から構成されるシンプルな料金プランで、使用量の多い家族世帯などにおすすめです。

従量電灯Aと同様に、自由化電力と比較して料金が割高に設定されているため、節電をしたいという用途には不向きと言えるでしょう。

eスマート10

eスマート10 イメージ画像

画像引用:関西電力 eスマート10 料金ページ

eスマート10は、使用する季節や時間帯によって従量料金(電力量料金単価)が変動する、業務用の電力プランです。

早朝や夕方以降の時間帯に電気を多く利用するような場合であれば、通称のプランよりも安く電気を使うことができます。

関西電力の法人向け高圧プラン

高圧(契約電力500kW未満)

高圧(契約電力500kW未満) イメージ画像

画像引用:関西電力 高圧(契約電力500kW未満) 料金ページ

高圧(契約電力500kW未満)は、スーパーや事務所ビルなどの事業者に向けた、業務用の大高圧電力プランです。

大規模な施設で、消費する電力の容量が「500kWに満たない」場合には、こちらのプランを選択するようにしましょう。

高圧(契約電力500kW以上)

高圧(契約電力500kW以上) イメージ画像

画像引用:関西電力 高圧(契約電力500kW以上) 料金ページ

高圧(契約電力500kW以上)は、商業施設や事務所ビルなどの事業者に向けた、業務用の高圧電力プランです。

大規模な施設で、消費する電力の容量が「500kWを超える」場合には、こちらのプランを選択するようにしましょう。

特別高圧

特別高圧 イメージ画像

画像引用:関西電力 特別高圧 料金ページ

特別高圧は、大規模な商業施設や事務所ビルなどの事業者に向けた、業務用の特別高圧電力プランです。

導入にあたっては、別途キュービクル(自家用の変圧設備)の設置や管理が必要となるため、極端に電力を消費するような施設におすすめです。

関電のなっトクパック(低圧)について

関電のなっトクパック(低圧)について イメージ画像

画像引用:なっトクパック 公式サイト

なっトクパックとは?

なっトクパックとは、電気料金メニュー の「なっトクでんき」と、関電ガスの 「なっトクプラン」 を組み合わせた料金プランのことです。

電気とガスをセットで利用することにより、従量電灯Aや従量電灯Bなどの既存プランよりも安く電気を使うことができます。

なっトクパックの対象エリア

電気の提供地域
ガスの提供地域
関西電力エリア
大阪ガスエリア

なっトクパックのメリット

なっトクパックは、電気とガスのセットプランであるため、それぞれを別々に契約するよりも料金が安くなる可能性があります。

また、月次の請求に関しても一つにまとめることができるため、領収書の管理などもスムーズに行うことができるでしょう。

なっトクパックのデメリット

なっトクパックは、料金プランが一つしか存在しないため、導入先の設備や規模に応じて任意に選ぶことができません。

季節や時間帯によって使用頻度が違うような場合には、eおとくプランやeスマート10などの既存プランも視野に入れておくと良いでしょう。

関電の再エネECOプランについて

関電の再エネECOプランについて イメージ画像

画像引用:再エネECOプラン 公式サイト

再エネECOプランとは?

再エネECOプランとは、再生可能エネルギー由来の電力を利用することができる、環境に配慮した新しい電力プランのことです。

再生可能エネルギーを用いるため、火力発電所や原子力発電所などを経由しないCO2フリーな電力を利用することができます。

再エネECOプラン(高圧)の対象エリア

スタンダードプラン
プレミアムプラン
沖縄県を除く全国
関西電力エリア

再エネECOプランの料金

再エネECOプランは、関西電力と契約法人との直接協議によって料金が決定されるため、決まった料金形態のあるプランではありません。

興味がある場合には、再エネECOプランの法人専用お問い合わせページにアクセスし、詳細をチェックしてみましょう。

再エネECOプランの法人お問い合わせ窓口はコチラから!

再エネECOプランのメリット

再エネECOプランは、環境への配慮を重視した電力プランであるため、SDGsやサステナブルな経営方針をアピールすることができます。

近ごろでは、環境への配慮で投資先を選ぶ「ESG投資」なども流行を見せはじめているため、株主への訴求効果も期待することができます。

再エネECOプランのデメリット

再エネECOプランは、特別高圧もしくは高圧電力限定の料金プランとなっているため、低圧電力の場合には利用することができません。

また、環境への配慮に特化した電力プランであるため、料金メリットを求めるようであれば、なっトクパックの利用を検討するべきでしょう。

まとめ

【完全網羅】関西電力の法人プランを徹底解説!低圧と高圧はどっちがおすすめ? まとめ画像

今回は、関西電力の法人向けプランにスポットをあてながら、料金メニューの種類やおすすめの導入シーンなどを徹底的に解説していきました。

豊富なプラン数を誇る関西電力ですが、導入の前には、施設の消費電力や使用機材などの確認が必要不可欠となります。

選定や比較が難しいということであれば、ぜひ一度、無料の見積りサービスを利用して、利用可能な電気の最安値をチェックしてみましょう!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

050-3358-2376 営業時間:平日9:00~19:00