電力自由化とは?仕組みや目的、メリットを解説

アイキャッチ画像

2016年4月から「電力自由化」が開始され、一般家庭や商店などでも、自由に電力会社や料金プランを選べるようになりました。

一方「電力自由化」という言葉は知っているものの、仕組みや、新電力へ切り替わることで、どのように変わるのかよく理解できていない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、電力自由化の仕組みや歴史、新電力へ切り替えることで得られるメリットについて、詳しく紹介していきます。

電力自由化とは?

電力会社を利用者が選択できる

「電力自由化」とは、電力市場の規制緩和です。これまでは、地域の大手電力会社10社(東京電力、関西電力など)が電力を独占して販売していたため、利用者は自由に電力会社を選ぶことはできませんでした。

電力自由化は、これらの大手電力会社による独占販売を廃止し、利用者が自由に電力会社を選択できるように規制を緩和する施策となります。

大手電力会社以外の企業が、新たに電力市場に参入できるようにすることで、市場競争の原理が働き、電気料金の値下げや電気事業の活性化が進むことが期待されています。

電力自由化の仕組み

電力事業を担う業者は、おもに以下の3つに分けられており、電力の自由化に該当するのは、3つ目の小売電気事業者になります。

  1. 発電事業者・・・発電を行う
  2. 送配電事業者・・・電気を配電線などで送り届ける
  3. 小売電気事業者・・・電力を顧客へ販売する事業者

これまで、地域の大手電力会社が市場を独占していましたが、現在では「新電力会社」と呼ばれるさまざまな業界の企業参入し、各社が独自性を出しながら電力を販売しています。

また、電力自由化がスタートしてからも、送配電送配電ネットワークについては、地域の電力会社が行います。新電力に切り替えたからといって、停電が増えることもなく、電気の品質は変わらずに利用することができます。

電力自由化の歴史

電力自由化の実現に至るまでには、電気事業を発電部門・小売部門・送配電部門に分けて順番に進められ、2000年3月に小売部門の自由化が開始されました。

各電力会社が供給する電力については、特別高圧・高圧・低圧に分かれています。最初は、特別高圧区分にあたる大規模な工場や大型スーパーなどから電力自由化をスタートさせ、2005年4月には、高圧区分にあたる中規模の工場やオフィスビルへ対象が広がりました。

そして2016年4月には、低圧区分に該当する商店一般家庭も対象に加わり、電力の小売全面自由化が本格的にスタートしました。

電力自由化の目的

安定した電力供給が可能

電気を使用する場所に縛られない電力供給網を整えることで、災害時やトラブルなどの緊急時でも、安定した電力の供給が行えます。

2011年に発生した東日本大震災では、原子力発電所の被災により発電力が不足したことで、東京電力・東北電力エリアなどの広い範囲で停電が発生しました。このときに、他エリアから電力を補うことができる仕組みがあれば、停電の範囲を狭くできたかもしれません。

電力自由化により、広い範囲で電力が整備され、エネルギー供給が分散化されることで、社会的リスクを最小限に抑えられるようになります。他エリアから電力を補うことができる仕組みがあれば、もしものときのトラブルや災害への対応にも強くなるのです。

電気料金値上げを抑制するため

電力自由化が始まる以前は、各地域の大手電力会社が電力供給を独占しており、電気料金も政府の定めた規制に基づき、決められていました。

しかし、電力自由化により、新たな電力会社が参入することで、価格競争が生まれることにより、自然に電気料金が値下がりする可能性が高まります。

電力自由化がスタートして以降、顧客ニーズに合わせて多くの新電力会社から割安プランや魅力的なプランが登場しており、電気料金値上がりの抑制につながっています。

電力自由化で得られるメリット

ライフスタイルに合った料金プランを選択できる

電力自由化が開始される前の電気料金の構成は、基本料金+使用量に応じて決まる従量料金制で統一されていました。

しかし電力自由化後は、基本料金0円で使用量に応じて料金が決まる料金プランや、時間帯や・季節によって電気料金が変わる料金プランなど、さまざまなプランが登場しています。

従来の電力会社から新電力会社に契約を切り替えることで、電気代が安くなったり、ライフスタイルに合った料金プランを選択できる点は、電力自由化の大きなメリットといえます。

新サービスを利用できる

電力自由化により、電力の供給だけでなく、魅力的な新サービスも登場しています。たとえば、電気料金とガス料金とのセット割プランや、電気料金とインターネット回線・スマホとのセット割プランを提供している新電力会社などもあります。

利用者は、セット割プランを選ぶことによって、電気だけ契約した場合と比較して、さらに大きな割引を受けることができます。

また、新電力会社によっては、ポイント還元サービスを提供しているところや、省エネ診断サービスを実施している会社もあります。このような新サービスを使うことで、消費者からの支持を得やすくなっています。

スマートメーターによる電力量の「見える化」

電力自由化が開始されてから、従来型の電気メーターからスマートメーターへの切り替えが急速に進められています。

スマートメーターとは、電気使用量をデジタルで計測できる通信機能が搭載された新たな電力メーターです。電気の使用量を時間単位でこまかくチェックでき、節電に役立てることが可能です。

オール電化の場合は、お風呂・台所の給湯器、家電製品などのスマート家電とスマートメーターを連動させることにより、電気を見える化し、効率よく節約することもできます。

まとめ

今回は、電力自由化の仕組みや目的、新電力に切り替えることで得られるメリットについて解説してきました。電力自由化の大きなメリットは、電気会社や料金プランを自身の環境に合わせて自由に選べる点です。

ライフスタイルに合った料金プランを検討することで、現在の電気料金をさらにオトクにできるかもしれません。

現在、さまざまな新電力会社から魅力的なプランが登場しているので、自分にとって最適な電力会社や料金プランをしっかりと比較して、選ぶようにしましょう。

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5877-3324 営業時間:平日9:00~19:00