電気料金比較

東京電力管内で法人契約できる低圧電力は?人気の主要サービスと選び方を解説!

アイキャッチ画像

東京電力管内の法人電気は、数十社を超える自由化サービスが乱立しているため、どのプランを契約すれば良いのか選定に迷ってしまいます。

特に、これから新規で電力を契約しようと思っている場合には、見るべき項目を誤ってしまうと、電気代が高くついてしまうこともあります。

今回は、東京電力管内で利用することができる主要低圧電力3社を比較しながら、メリット・デメリットや選定のポイントを解説していきます。

東京電力管内で法人契約できる電力会社

東京電力管内で法人契約できる電力会社

東京電力管内で利用することができる低圧電力としては、東京電力から提供されている「ビジネスTEPCO」の存在が大きいでしょう。

ビジネスTEPCOは、大手電力会社の安心感はもちろん、ガスとのセット割引が用意されているなど、魅力の多い電力サービスと言えます。

一方、2016年4月1日から導入された「電力の自由化」によって、今では個人や法人を問わず、契約する電力会社を自由に選べるようになりました。

基本料金が安いプランもあれば、従量料金が安いプランもあるなど、用途に合った電力を使うことで、毎月の固定費の削減にもつながります。

電力会社のサービス選定に迷った場合には、複数の自由化電力を無料で比較することができる「一括見積りサービス」の利用がおすすめです。

600社を超える膨大な電力サービスのなかから、法人や店舗に合った電力会社を瞬時に比較することができるため、選定時間の削減につながります。

電気チョイス

電力会社の比較なら「電気チョイス」におまかせ!無料一括見積りはコチラから!

東京電力の法人契約(ビジネスTEPCO)

東京電力の法人契約(ビジネスTEPCO)

ビジネスTEPCOとは?

ビジネスTEPCOは、東京電力から提供されている、法人・店舗向けの電力サービスです。

東京電力から直接販売されているブランドであるため、大手ならではの安心感とサポート品質の高さが大きな特徴となっています。

ビジネスTEPCOの料金プラン

ビジネスTEPCOでは、主に下記の3つのプランが法人・店舗に向けて展開されています。

  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • 動力プラン

参照サイト:https://www.tepco.co.jp/jiyuuka/service-corporate/index-j.html

ビジネスTEPCOのメリット

ビジネスTEPCOのメリットとしては「Webサイトから電気の使用履歴をチェックすることができる」というものが挙げられます。

時期や時間帯ごとの使用量を確認することで、月ごとの使用量の比較や、今後の料金プランの見直しなどに役立てることができます。

ビジネスTEPCOのデメリット

一方、ビジネスTEPCOのデメリットとしては「地域によっては選べないプランがある」というものが挙げられます。

多くのエリアでサービスを提供しているビジネスTEPCOですが、地域によっては選択できないプランがあるため、あらかじめ注意しましょう。

Looopでんきの法人契約

Looopでんきの法人契約

Looopでんきとは?

Looopでんきは、株式会社Looopから提供されている、自由化電力サービスです。

法人向けの低圧電力の中でも、数少ない基本料金0円を実現したプランとなっているため、ローリスクで電気代の削減を実施することができます。

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきでは、主に下記の2つのプランが法人・店舗に向けて展開されています。

  • ビジネスプラン
  • 動力プラン

参照サイト:https://looop-denki.com/low-v/plan/

Looopでんきのメリット

Looopでんきのメリットとしては「電気の基本料金を永年0円で使うことができる」というものが挙げられます。

解約にかかる事務手数料なども特に設けられていないため、電力量料金だけの支払いで毎月の電気代を削減することができます。

Looopでんきのデメリット

一方、Looopでんきのデメリットとしては「動力プランの場合はガスとのセット割引が適用できない」というものが挙げられます。

また、低価格の料金プランを実現している一方で、明細の郵送には非対応であることや、支払い方法が少ないことなどは注意しておきましょう。

ハルエネでんきの法人契約

ハルエネでんきの法人契約

ハルエネでんきとは?

ハルエネでんきは、株式会社ハルエネから提供されている、自由化電力サービスです。

さまざまな料金プランから展開されているため、用途や目的に沿った柔軟なプラン選択を実現することができます。

ハルエネでんきの料金プラン

Looopでんきでは、主に下記の8つのプランが法人・店舗に向けて販売されています。

  • シンプルプランH(Q)プラス
  • 法人スマートプランH(Q)プラス
  • ハルエネ動力プランH(Q)プラス
  • 動力店舗サポートプランH
  • 動力オフィスサポートプランH
  • 法人バリュープランH
  • 店舗応援プランH
  • 法人ライフプランH(Q)

参照サイト:https://haluene.co.jp/price/

ハルエネでんきのメリット

ハルエネでんきのメリットとしては「合計8つのプランから柔軟なプラン選択を行うことができる」というものが挙げられます。

競合他社よりも提供しているプラン数が豊富であるため、事業の規模や用途に合わせて、最適なプラン選択を実現することができます。

ハルエネでんきのデメリット

一方、ハルエネでんきのデメリットとしては「更新月以外の解約には違約金が発生する」というものが挙げられます。

3年ごとの自動更新サービスとなっており、更新月以外の解約には別途9,800円の違約金が発生するため、あらかじめ注意しておきましょう。

法人向け低圧電力会社のプラン選びのポイント

法人向け低圧電力会社のプラン選びのポイント

基本料金を比較する

低圧電力の基本料金は、その月の電気の使用量に関係なく、毎月一定の料金が発生する固定費のことを表します。

電気の使用量に関わらず、毎月一定の料金が発生するため、基本料金は可能な限り安いサービスを選んでおくと良いでしょう。

電力量料金を比較する

低圧電力の電力量料金は、電気の使用量に応じて発生する従量制の料金のことで、月の使用量に応じて価格が変動します。

自由化電力のなかには、使えば使うほど電力量料金がお得になるサービスなどもあるため、電力量料金もしっかりと確認しておきましょう。

料金をシミュレートする

現在契約している電力プランと新しく契約したい電力プランを比較することで、乗り換えた場合の料金を試算することが重要です。

法人の電気代は、月の使用量や契約容量によって大きく変動するため、現在の状況に適したプランを選ぶようにしましょう。

口コミや評判を確認する

法人向けの低圧電力サービスを選ぶうえでは、実際の利用者による口コミや評判なども、重要な指標となります。

低価格を謳っているサービスであっても、実際の利用者からの口コミや評判が悪いようであれば、避けておくのが無難でしょう。

事前に見積りを依頼しておく

法人向けの低圧電力を導入する場合には、事前に複数社への一括見積りを行い、各社の基本料金や電力量料金などを把握しておきましょう。

低圧電力の一括見積りを無料で代行してくれるサービスなどもあるため、選定が難しい場合には、見積りを依頼するのがおすすめです。

電気チョイスで事前に見積りを依頼しておく

東京電力管内の低圧電力30社を一括無料見積り!あなたの店舗の最安値はどこ?

まとめ

今回は、東京電力管内で利用することができる主要低圧電力3社を比較しながら、それぞれの料金やメリット・デメリットを解説していきました。

東京電力管内は、利用可能な自由化電力が多い一方で、自社に合わない電力を契約してしまうと、電気代の高騰を招きかねません。

選定が難しいようであれば、まずは無料の一括見積りサービスで、各社の料金シミュレーションを行うことがおすすめです。

東京電力管内の低圧電力はどこがおすすめ?無料の一括見積りはコチラから!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5877-3324 営業時間:平日9:00~19:00