電気料金比較

法人の電気代削減術を徹底公開!電力会社の選び方のポイントや注意点は?

アイキャッチ画像

売上の最大化を目指す法人企業にとって、電気代をはじめとする毎月の固定費などは、なるべく最小限に抑えておきたいところです。

電気代の削減にあたっては、新電力への切り替えや省エネ機器の設置、太陽光発電の準備など、考えられる手段は山ほどあります。

今回は、法人企業における電気代の削減術をテーマに、電気代が高くなってしまう主な原因や削減の方法、注意点などを解説していきます。

法人の電気代の仕組み

法人の電気代の仕組み

法人の電気代は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 + 再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)

基本料金の仕組み

法人電気の基本料金は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

基本料金 = 基本料金単価 × 契約容量 / 電力

法人電気の基本料金は、主に特別高圧、高圧大口、高圧小口、低圧の4種類に分類され、それぞれで基本料金の決まり方が異なります。



低圧
高圧小口
高圧大口
特別高圧
契約容量
〜49kW
〜499kW
〜1,999kW
2,000kW〜
導入施設個人店,美容室,サロン,家庭
小規模な工場,飲食店,コンビニ中規模な工場,倉庫,デパート
大規模な工場,病院,オフィス
料金設定
実量制
実量制
協議制
協議制


まず、低圧・高圧小口の契約については、実際に使用した電気の使用量に応じて基本料金が決められる「実量制」を採用しています。

一方、高圧大口・特別高圧の契約については、導入施設と電力会社との協議によって基本料金が決められる「協議制」を採用しています。

それぞれの契約で基本料金の決まり方は異なるため、まずは導入先の施設に必要な電力量をアンペアチェッカーなどで計算してみましょう。

電力量料金の仕組み

法人電気の電力量料金は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

電力量料金 = 電力量料金単価 × 使用電力量 + 燃料費調整額

燃料費調整額とは、原油や液化天然ガスなどの化石燃料の価格変動によって、毎月自動的に決まる単価のことです。

燃料費調整額は、世界情勢や原油価格の変化によって毎月変動するため、特定の個人や企業が任意にコントロールすることはできません。

再エネ賦課金の仕組み

法人電気の再エネ賦課金は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

再エネ賦課金 = 再エネ賦課金単価 × 使用電力量

再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、再生可能エネルギーによって発電された電気に対する負担金のことです。

燃料費調整額と同様、再エネ賦課金も再生可能エネルギーの発電量によって毎年変動するため、一種の税金のようなものであると言えます。

電気代が高くなる原因

電気代が高くなる原因

電気料金の値上げ

電気代が高くなる最も大きな要因としては、火力発電所の増加にともなう「電気料金の値上げ」が挙げられます。

2011年に発生した東日本大震災以降、 停止した原子力発電所の発電量を補うために火力発電所が増加し、電気料金の値上げが続いています。

電気料金の値上げそのものを食い止めることはできないため、可能な限り料金の安い自由化電力を選ぶことが重要です。

再エネ賦課金の上昇

電気代が高くなる二つ目の要因としては、固定価格買取制度にともなう「再エネ賦課金の上昇」が挙げられます。

再エネ賦課金とは、太陽光発電などの再生可能エネルギーの使用量に応じて徴収される、一種の税金のような存在です。

この再エネ賦課金は、自社で料金をコントロールすることができず、加えて2030年まで値上がりが続くことが予想されています。

燃料費調整額の変動

電気代が高くなる三つ目の要因としては、中東地域の情勢変化にともなう「燃料費調整額の変動」が挙げられます。

燃料費調整額とは、火力発電の燃料(原油や天然ガス)の価格変動に応じて、毎月自動的に調整される価格のことを指します。

再エネ賦課金と同様、自社で料金をコントロールすることはできないため、料金の発生自体は割り切って考えるべきでしょう。

法人電気代の削減方法(優先度順)

法人電気代の削減方法(優先度順)

電力会社の見直し

まず真っ先に取り組むべき節電方法としては、現在契約している電力会社の見直しを検討するべきでしょう。

2016年から解禁された電力の小売自由化によって、現在では数百社を超えるブランドから数多くの電力プランが販売されています。

基本料金が0円に設定されているプランもあれば、使用する時間帯によって従量料金が変動するプランなど、各社の特徴もさまざまです。

後述する方法とは異なり、面倒な手続きや大型設備の導入なども不要で済むため、まずは電力会社の見直しから取り組むのがおすすめです。

省エネ機器の設置

既存の設備が古い場合などには、省エネ機器への入れ替えなども、優先的に取り組むべき課題であると言えます。

例えば、従来の白熱球を長く利用しているような場合には、LEDに入れ替えることによって、年間数万円のコスト削減を見込むことができます。

他にも、エアコンや暖房機器などを省エネ家電に切り替えたり、電子ブレーカーを導入したりなど、設備に沿った機器の交換がおすすめです。

太陽光発電の導入

設備投資に余裕があるようであれば、太陽光発電などの自家消費型設備を整えることも、検討しておくと良いでしょう。

太陽光発電により、自社で使用する電力量を賄うことができるため、消費税や再エネ賦課金の節約にもつながります。

また、太陽光発電で余った電気については、別途電力会社に買い取ってもらうこともできるため、中長期的な節電対策にも有効です。

法人における電気代削減の注意点とポイント

法人における電気代削減の注意点とポイント

現状の電気料金を確認する

まずは、現状の電気料金や設備ごとの電力使用量など、どの設備にどのくらいの電力を使っているのかをしっかりと確認することが重要です。

電力会社を乗り換えるにしても、省エネ機器を設置するにしても、現状の電気代を把握していなければ適切な方法を絞り込むことができません。

電気代が高くなっている要因を特定することで、その要因に対するピンポイントな対策を行うことができます。

デマンド値を引き下げる

デマンド値とは、電気の使用量を計測するときに記録される、30分ごとの平均電力量を指す言葉で、30分デマンド値とも呼ばれています。

特に、高圧電力以上の契約プランにおいては、このデマンド値の数値をもとに計測されることが多いため、あらかじめの注意が必要です。

一度基本料金が上がってしまうと、その後の11ヶ月間は、同じ基本料金のまま電気を使い続けなければならないため、注意しておきましょう。

社内規定の変更も視野に入れる

電力会社の乗り換えや省エネ機器の設置でも状況が改善されないようであれば、そもそもの電気の使い方に問題がないかを疑いましょう。

夏場や冬場におけるエアコンの設定温度を見直したり、オフィスの消灯時間を定めたりなど、電気の使用ルールを改めることも重要です。

しかし、極端な電力制限は従業員からの反発を招く恐れもあるため、まずは業務に影響の少ない範囲から、段階的に着手するようにしましょう。

電力会社を見直すときは必ず複数社に見積もりを依頼する

電力会社を見直すときは必ず複数社に見積もりを依頼する

電力会社を見直す場合には、最低でも5〜10社ほどへ同時に見積もりを依頼する「相見積もり」を取っておくことをおすすめします。

1社だけの見積もりで導入を決定してしまうと、料金が割高に設定されたり、違約金を課せられたりと、足元を見られてしまうケースもあります。

とはいえ、日本には100社を超える電力サービスが乱立しているため、どの電力を選べば良いのか選定に迷ってしまうシーンも少なくありません。

電気チョイスは、およそ30社の中から貴社にピッタリの電力サービスを完全無料で提案する、法人電気専用のコンサル窓口です。

60,000件を超える豊富な導入実績で、値下げ交渉も代行するため、電気選びに迷った場合にはぜひ一度、お気軽にご相談ください。

法人電気を選ぶなら「電気チョイス」にまるっとおまかせ!無料相談はコチラから!

まとめ

今回は、法人企業における電気代の削減術をテーマに、電気代が高くなってしまう主な原因や削減の方法、注意点などを解説していきました。

結論から言うと、法人企業がまず真っ先に取り組むべき節電方法は、電力会社の切り替えであると言えます。

面倒な手続きなども不要で済むため、自社にマッチしたプランさえ見つけることができれば、ほぼ確実に毎月の電気代を下げることができます。

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5877-3324 営業時間:平日9:00~19:00