新電力を比較するときのコツとポイントを徹底解説!おすすめランキングTOP10

アイキャッチ画像

「法人向け電力会社を比較するときのコツを知りたい」
「電力を比較するときに注意すべき項目がわからない

法人企業や店舗向けの電力会社には、古くからある地域電力会社や、新興の自由化・新電力会社など、大小さまざまなサービスが乱立しています。

選べる電力会社が多いということは、かえってどの電力会社を選んで良いのか判断に迷ってしまうことにもつながりかねません。

とりわけ法人規模ともなると、利用する設備や消費電力量などによって導入すべき電力は異なるため、選び方がわからない事業者も多いでしょう。

当記事では、法人向けの電力会社を比較するときの注意点や見るべきポイント、すすめの自由化電力などについて徹底的に解説していきます。

都道府県エリア別の電力会社比較

北海道電力

提供エリア北海道+首都圏エリア
本社所在地北海道札幌市中央区大通東1丁目2番地
運営会社北海道電力株式会社

北海道電力は、北海道全域にかけて電力の生産と販売を行なっている地域電力会社のことです。

水力発電所を道内各地に合計56ヶ所ほど保有しているため、サステナブル社会の実現に向けた再生可能エネルギーの生産にも意欲的に取り組んでいる企業と言えます。

▶︎ 関連記事:北海道電力の法人プランを徹底解説!メリットや選び方のポイントは?

北海道電力の法人向け低圧プラン
エネとくポイントプラン
エネとくSプラン
エネとくMプラン
エネとくLプラン
エネとくシーズンプラス
従量電灯
エネとくスマートプラン
eタイム3プラス
エネとくスノープラン
低圧電力
エネとく動力プラン
カーボンFプラン
定額電灯
公衆街路灯
農事用電力
臨時電灯
臨時電力 など

東北電力


提供エリア東北6県+新潟県+関東首エリア
所在地宮城県仙台市青葉区本町一丁目7番1号
運営会社東北電力株式会社

東北電力は、東北全域と新潟県・関東首都圏にかけて電力の供給を行なっている地域電力会社のことです。

主に、飲食店や事務所などに向けた「低圧プラン」と、商業施設やビルなどに向けた「高圧・特別高圧プラン」の2種類から展開されているため、柔軟なプラン選択が可能です。

▶︎ 関連記事:【保存版】東北電力の法人プランを徹底解説!メリットやデメリットとは?

東北電力の法人向け低圧プラン
よりそうB総合高稼動
よりそうB季節別電灯
よりそうB季時別電力
低圧電力
従量電灯C など

東京電力


東京電力は、関東エリアと首都圏全域にかけて電力の提供を行なっている地域電力会社のことです。

同社の提供するビジネスTEPCOに登録しておくことで、施設ごとの電力使用量や各月の料金などもWEB上で把握することができます。

▶︎ 関連記事:【保存版】東京電力の法人プランを徹底解説!メリットやデメリットとは?

東京電力の法人向け低圧プラン
スタンダードプラン
プレミアムプラン
動力プラン など

関西電力


関西電力とは、関西全域の個人や法人に向けて電力の提供および販売を行っている地域電力会社のことです。

電力の販売以外にも、再生可能エネルギーの生産や都市ガスの提供、企業のエネルギーマネジメントなど、幅広い事業を手がけています。

▶︎ 関連記事:【完全網羅】関西電力の法人プランを徹底解説!低圧と高圧はどっちがおすすめ?

関西電力の法人向け低圧プラン
従量電灯A
従量電灯B
eスマート10
低圧電力
なっトクパック
再エネECOプラン など

法人向け電力会社のプラン選びのポイントと注意点

1.基本料金を比較する

電気の基本料金とは、毎月の使用量に関わらず一定の金額が発生するものであり、電気の基本的な固定費を指すものです。

使用した電力量に関係なく、毎月一定の金額が請求されるため、基本料金の安さで選ぶというのも重要なポイントの一つです。

2.電力量料金を比較する

電気の電力量料金とは、その月に使った電気の使用量に応じて加算されるものであり、電気の従量制の変動費を指すものです。

自由化サービスのなかには、使えば使うほど割引が大きくなるサービスもあるため、まずは現状の使用量を確認することが大切です。

3.プラン内容を比較する

新電力サービスの多くは、各社さまざまな料金プランを提供しているため、プラン内容による比較も重要のポイントの一つです。

例えば、夜間や日中などの時間帯によって料金が変動するものや、降雪期間などのシーズンによって料金が変わるものなどがあります。

4.実際の料金を試算する

電力会社を切り替えた結果、毎月の電気料金が高くなってしまったというトラブルは、なるべく避けておきたいところです。

現状の電力会社と新しく契約する電力会社の料金を事前に試算しておくことで、不本意な料金の値上がりを未然に防ぐことができます。

5.口コミや評判を確認する

新電力のサービスのなかには、標準でオプションが付属しているものや、しつこく営業電話をかけてくる会社も少なくありません。

契約の前には、SNSのエゴサーチや口コミサイトなどを活用しながら、検討している会社の評判や口コミを調べておくのがおすすめです。

6.自然環境への取り組みを考慮する

SDGsやサステナブルといった考え方が重要視されるようになり、近ごろでは環境配慮の観点から投資先を選ぶ「ESG投資」が増加しています。

自然環境に配慮した再生可能エネルギー(CO2フリー)を使用することで、投資家や株主などへの訴求効果も期待することができます。

7.電気の支払い方法を確認する

法人向けの電力会社を選ぶ場合、法人口座やクレジットカード(クレカ)などの電気の支払い方法についても、事前に確認しておくべきです。

特に、コンビニでの請求書払いには対応していない新電力サービスが多いため、希望の場合は事前に支払い方法を確認しておきましょう。

8.違約金や契約期間を確認する

新電力のなかには、契約期間の縛りや違約解約金などが設けられている場合もあるため、気になるポイントは事前に払拭しておくべきです。

また、近いうちに会社や店舗の移転を考えている場合には、移転にかかる手数料などもあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

9.サポート窓口の対応方法を確認する

新電力の多くは、基本料金や従量料金などの電気代が安い代わりに、サポート体制の品質を落としている傾向にあります。

電話が繋がらなかったり、対応までに時間がかかったりすることもあるため、実際に問い合わせて確認するのがおすすめです。

10.複数の電力会社へ見積り依頼する

どれだけ料金プランが魅力的な電力会社であっても、契約の前段階には、必ず事前の料金見積りを依頼しておきましょう。

見積りを依頼するときは、最低でも3〜5社の複数の会社へ見積りを取るなど、適正価格の把握や値引き交渉に努めるのがおすすめです。

新電力に切り替えるメリット

月々の電気代が安くなる

法人の電気を新電力に切り替える1つ目のメリットとしては「月々の電気代が安くなる」というものが挙げられます。

新電力の多くは、地域電力会社よりも安く設定されているものがほとんどであるため、切り替えによってコスト削減を見込むことができます。

環境に優しい電気が使える

法人の電気を新電力に切り替える2つ目のメリットとしては「環境に優しい電気が使える」というものが挙げられます。

新電力の企業は、再生可能エネルギーのプラン提供に力を入れているため、CO2フリーの電気を使いたい場合にもおすすめです。

特典や各種割引を受けられる

法人の電気を新電力に切り替える2つ目のメリットとしては「特典や各種割引を受けられる」というものが挙げられます。

新電力のほとんどは、提携カード決済による割引や会社ごとのポイント付与など、各種割引や特典によるメリットを受けることができます。

新電力に切り替えるデメリット

サポート体制の品質にバラつきがある

対応に時間がかかったり、オペレーターにたらい回しにされたりなど、サポート窓口の品質にバラつきがある場合があります。

電気代を安くしている代わりに、サポート窓口の設置数やオペレーターの人件費を節約しているというのが主な要原因です。

あらかじめ、問い合わせ窓口に電話をかけて対応にかかる時間を確認するなど、サポート品質のチェックを行うと良いでしょう。

明細書の郵送に対応していない場合がある

新電力サービスのなかには、郵送コストや印刷コストの削減のために、明細書の郵送には対応していない会社も存在します。

WEB明細のみの場合や、郵送には別途手数料が発生する場合などもあるため、仕訳などで紙の明細が欲しい場合には注意が必要です。

WEB明細の発行しかできない場合には、PDFでDLすることができるため、プリンターで印刷して保管するようにしましょう。

契約期間や解約金が設けられている場合がある

一部の新電力サービスには、電力の使用にともなう契約期間の縛りや違約解約金などが定められているものもあります。

契約期間の平均としては半年間〜1年間、解約金の相場としては3,000円〜5,000円ほどの会社が一般的なため、短期契約が前提の場合には注意が必要です。

しかし、オフィスの移転や店舗の引っ越しなどであれば、解約ではなく移転の手続きで済むため、手数料や違約金は発生しません。

電気代の仕組み

基本料金の仕組み

電気の基本料金とは、毎月の使用量に関わらず一定の金額が発生するものであり、電気の基本的な固定費を指すものです。

基本料金は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

  • 基本料金 = 基本料金単価 × 契約容量 / 電力

電力量料金の仕組み

電力量料金とは、その月に使った電気の使用量に応じて加算されるものであり、電気の従量制の変動費を指すものです。

電力量料金は、以下の計算式で算出されるのが一般的です。

  • 電力量料金 = 電力量料金単価 × 使用電力量 + 燃料費調整額

燃料費調整額の仕組み

燃料費調整額とは、原油や液化天然ガスなど、化石燃料の価格変動によって調整が入る変動コストのことです。

燃料費調整額は、世界情勢や原油価格の上下によって毎月変動するため、特定の個人や企業が任意にコントロールすることは不可能です。

再エネ賦課金の仕組み

再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、再生可能エネルギーの使用に対する負担金のことです。

燃料費調整額と同様、再エネ賦課金も再生可能エネルギーの発電量によって毎年変動するため、一種の税金のようなものであると言えます。

新電力おすすめランキングTOP10を比較

ENEOSでんきの法人向けプラン

ENEOSでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ENEOSでんきの個別見積りはコチラ!
ENEOSでんきを含む一括見積りはコチラ!

ENEOSでんきの料金プラン

自由化電力のなかでも、圧倒的な知名度とユーザー数を誇っているのが、大手自由化サービスのENEOSでんきです。

北海道から九州にかけて、細かな料金プランが設定されているため、公式サイトからシミュレーションを行ってみましょう。

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきのメリットとしては「カード決済によってガソリン代もセットでお得になる」というものが挙げられます。

専用クレジットカードでの決済によって、ガソリン代もセットで安くなるため、積極的に活用していきたいところです。

ENEOSでんきのデメリット

一方、ENEOSでんきのデメリットとしては「2年契約を選ぶと契約解除料が発生する」というものが挙げられます。

また、法人の専用クレジットカードを持っていない場合には、メリットが薄くなる可能性があるため注意しておきましょう。

Looopでんきの法人向けプラン

Looopでんきの店舗向けプラン イメージ画像

Looopでんきの個別見積りはコチラ!
Looopでんきを含む一括見積りはコチラ!

Looopでんきの料金プラン

Looopでんきは、株式会社Looopから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

基本料金が0円に設定されているため、少ないリスクで電気代の削減を実施することができます。

Looopでんきのメリット

Looopでんきのメリットとしては「電気の基本料金を永年0円で使うことができる」というものが挙げられます。

解約にかかる事務手数料なども設けられていないため、電力量料金だけの支払いで毎月の電気代を削減することができます。

Looopでんきのデメリット

一方、Looopでんきのデメリットとしては「動力プランではガスとのセット割引が適用できない」というものが挙げられます。

また、低価格の料金プランを実現している一方、明細の郵送には非対応であることも、あらかじめ注意しておきましょう。

ハルエネでんきの法人向けプラン

ハルエネでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ハルエネでんきの個別見積りはコチラ!
ハルエネでんきを含む一括見積りはコチラ!

ハルエネでんきの料金プラン

ハルエネでんきは、株式会社ハルエネから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

豊富な料金プランから展開されているため、用途や目的に沿った柔軟なプラン選択を実現することができます。

ハルエネでんきのメリット

ハルエネでんきのメリットとしては「柔軟なプラン選択を行うことができる」というものが挙げられます。

他社よりも提供しているプラン数が豊富であるため、事業の規模や用途に合わせて、最適なプランを選ぶことができます。

ハルエネでんきのデメリット

一方、ハルエネでんきのデメリットとしては「更新月以外の解約には違約金が発生する」というものが挙げられます。

基本料金や従量料金が安いぶん、更新月以外の解約には別途9,800円の違約金が発生するため、注意しておきましょう。

ソフトバンクでんきfor Bizの法人向けプラン

ソフトバンクでんきfor Bizの法人向けプラン イメージ画像

ソフトバンクでんき for Bizの個別見積りはコチラ!
ソフトバンクでんき for Bizを含む一括見積りはコチラ!

ソフトバンクでんきfor Bizは、飲食店、介護施設、営業所、飲食店などさまざまなニーズに対応する法人契約が可能な電力会社です。

ソフトバンクでんきfor Bizの料金プラン

料金シュミレーションにて確認が可能です。

現在、法人さま向け電気セット割キャンペーン実施中(2021年10月1日~2021年12月31日まで)1メーターあたり初月/最大10,000円割引が適用されます。

ソフトバンクでんきfor Bizのメリット

電気の切り替え手数料が不要な点や、電気の請求をモバイルやその他のソフトバンクとまとめて一括請求が可能。経理業務の負担軽減に繋がる事がメリットとして挙げられます。

ソフトバンクでんきfor Bizのデメリット

北陸電力、沖縄電力、離島は対象外な点がデメリットとして挙げられます。

エルピオでんきの法人向けプラン

エルピオでんきの法人向けプラン イメージ画像

エルピオでんきの個別見積りはコチラ!
エルピオでんきを含む一括見積りはコチラ!

エルピオ電気は、東北、東京、中部、関西、中国、四国、北陸、九州エリアで利用でき法人契約が可能です。

エルピオでんきの料金プラン

  • スタンダードプランL(東北電力従量電灯C相当、契約容量6kVAの契約者が対象)

エルピオでんきのメリット

電気使用量が多いほどお得殿高いプランの提供で割引率が大きい、電気のトラブルに対する無料サポートがついて安心な点がメリットとして挙げられます。

エルピオでんきのデメリット

地域独自の料金システムを採用しているため、高くなる場合があります。電気料金の細かな確認が必要です。

出典元:エルピオでんき

シンエナジーの法人向けプラン

シンエナジーの法人向けプラン イメージ画像

シンエナジーの個別見積りはコチラ!
シンエナジーを含む一括見積りはコチラ!

シンエナジーは、太陽光や地熱発電などの再生可能エネルギー発電で開発を行っており、法人契約も可能です。従量電灯・低圧電力の事務所や飲食店などが対象です。

シンエナジーの料金プラン

  • きほんプランC

シンエナジーのメリット

JALマイルが貯まる、途中解約しても解約金がかからない点がメリットとして挙げられます。

シンエナジーのデメリット

セットプランがない点がデメリットとして挙げられます。

東急パワーサプライの法人向けプラン

東急パワーサプライの法人向けプラン イメージ画像

東急パワーサプライの個別見積りはコチラ!
東急パワーサプライを含む一括見積りはコチラ!

東急パワーサプライは、東急(株)と東北電力(株)の出資による電力小売事業であり、法人契約も可能です。事務所事務や、学校、工場商業施設などが利用されています。

東急パワーサプライの料金プラン

お問い合わせとなります。

東急パワーサプライのメリット

初期費用0円、申込書1枚、解約通知不要と手続きが簡単なことや、マイページにて電気料金や電気料金をすぐにチェックできる点がメリットとして挙げられます。

東急パワーサプライのデメリット

東急沿線でのご利用でのメリットは大きいですが、その他での利用ではメリットを感じにくい事がデメリットとして挙げられます。

ミツウロコでんきの法人向けプラン

ミツウロコでんきの法人向けプラン イメージ画像

ミツウロコでんきの個別見積りはコチラ!
ミツウロコでんきを含む一括見積りはコチラ!

ミツウロコでんきは、太陽光・風力・バイオマス発電などの再生可能エネルギーのうち、国の固定価格買い取り制度の適用を受けたFIT電気を20%調達、再生可能エネルギーを10%調達しており法人契約が可能です。

ミツウロコでんきの料金プラン

料金はシュミレーションにて確認ができます。

ミツウロコでんきのメリット

電気を多く使うほど料金がお得、解約時の違約金不要、供給エリアが広い事がメリットとして挙げられます。

ミツウロコでんきのデメリット

請求書の発行に手数料(月/108)がかかる事がデメリットして挙げられます。

GREENa(グリーナ)でんきの法人向けプラン

GREENa(グリーナ)でんきの法人向けプラン イメージ画像

GREENa(グリーナ)でんきの個別見積はコチラ!
GREENa(グリーナ)でんきを含む一括見積りはコチラ!

GREENa(グリーナ)でんきは、日本で初めて自然エネルギー100%の電力プランの提供を実現した法人向けの自由化電力サービスです。

GREENa(グリーナ)でんきの料金プラン

  1. GREENa RE100
  2. GREENa スタンダード

GREENa(グリーナ)でんきのメリット

100%自然エネルギー、CO2排出ゼロで環境意識のアピールに繋がる点がメリットとして挙げられます。

GREENa(グリーナ)でんきのデメリット

「GREENa RE100」を契約すると電気料金がこれまでと変わらず、コスト削減には不向きである点がデメリットして挙げられます。

新電力の切り替えでよくある質問・Q&A

Q:新電力とは何ですか?

A:地域電力以外の電力会社のことです。

新電力とは、地域の大手電力会社10社(東京電力や関西電力など)以外の電力サービスのことです。民間の企業が地域の電力会社から電力を買い取り、利用者へ卸売りする仕組みです。

Q:電力自由化とは何ですか?

A:電力小売の自由化制度のことです。

電力自由化とは、2016年4月から開始した電力小売の自由化制度のことです。電力市場の規制緩和の目的で行われたもので、利用者は契約する電力会社を自由に選ぶことができます。

Q:新電力の電気の質は大丈夫なんですか?

A:地域電力会社と同じ電気を使用しています。

電気の質や停電のしやすさなどは従来までと変わりません。新電力が提供している電気は、あくまでも電力会社から買い取った電気であるため、安心して切り替えることができます。

Q:新電力への切り替えに工事は必要ですか?

A:基本的には必要ありません。

スマートメーターと呼ばれるデジタル式の電気メーターを利用していない場合には、簡単な工事が入ります。10分程度で終わる宅外工事のうえ、工事費用も発生しません。

Q:見積りにはどのような書類が必要ですか?

A:過去1年間の明細書が必要です。

電気料金の「1年分(12か月分)の明細書」があると望ましいです。明細書は紙のものでもデータのものでも構いません。用意できない場合は各社のサポート窓口まで相談しましょう。

Q:契約中の会社に解約の連絡は必要ですか?

A:電力会社への解約連絡は不要です。

WEBサイトから申し込むだけの場合がほとんどです。検針票に記載されている「供給地点番号」もしくは「お客様番号」が必要な場合があるため、事前に用意しておきましょう。

Q:新電力が倒産した場合にはどうなりますか?

A:すぐに電気が使えなくなることはありません。

電力会社が倒産した場合、一定期間は他社から電気の供給が行われます。しかし、一定期間が過ぎると電力の供給も止まるため、それまでに新しい電力会社を選ぶ必要があります。

Q:使用中の電力が高圧か低圧かわかりません。

A:請求書の契約種別に記載されています。

請求書の「契約種別」もしくは「供給電圧」を確認しましょう。欄内に「高圧」もしくは「供給電圧が6kV(キロボルト)以上」と記載されていれば、高圧電力を利用しています。

まとめ

今回は、法人向けの電力会社を比較するときの注意点や見るべきポイント、すすめの自由化電力などについて徹底的に解説していきました。

結論、電気代を少しでも安く抑えたい場合には自由化電力を、サポートの品質や請求書の郵送などを重視する場合には地域電力を検討するべきです。

地域電力会社がおすすめな法人新電力サービスがおすすめな法人
  • 馴染みの会社を使いたい
  • 請求書払いで支払いたい
  • サポートを重視したい
  • 安く電気を使いたい
  • 電気とガスをとめたい
  • お得な特典を受けたい

「法人向け電力会社を比較するときのコツを知りたい」
「電力を比較するときに注意すべき項目がわからない」

このような方はぜひ一度、無料の一括見積りサービスを利用して、法人で使える電力会社の最安値をチェックしてみましょう!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

050-3358-2376 営業時間:平日9:00~19:00