関西電力エリアで使える店舗向けの電力会社を徹底比較!最安値はどこ?

アイキャッチ画像

関西エリアで店舗向けの電力会社を探している...

新電力と関西電力の違いがいまいちわからない...

関西電力管内で利用することができる店舗向けの電力サービスには、新電力や地域電力会社など、さまざまな選択肢が存在します。

利用する設備や機材、施設全体の消費電力量によって契約すべき電力は異なるため、選び方に迷っている事業者も多いことでしょう。

今回は、関西エリアで利用することができる電力会社の比較を通して、プランごとのメリットやデメリットなどを詳しく解説していきます!

関西電力管内で利用できる店舗向け電力会社一覧

関西電力管内で利用できる店舗向け電力会社一覧 イメージ画像

関西周辺で利用できる店舗向けの電力会社については、関西電力はもちろんのこと、2016年から解禁された新電力なども利用することができます。

新電力とは、地域電力会社(関西電力や東京電力など)以外の新興の電力会社のことで、電力の小売りを行う新規参入の事業者を指すものです。

地域電力と比較して、基本料金や従量料金が安価に設定されているサービスも多く、店舗のコスト削減や固定費の削減などに効果的です。

地域の電力会社新電力サービス
関西電力ENEOSでんき
Looopでんき
ハルエネでんき

関西電力の法人プラン

関西電力の法人プラン イメージ画像

関西電力の「個別見積り」はコチラ!

関西電力を含む「一括見積り」はコチラ!

関西電力の店舗向けプラン

関西電力から提供されている店舗向けの電力サービスとしては、主に下記の2つのプランが挙げられます。

  1. 従量電灯Aプラン
  2. 従量電灯Bプラン

関西電力がおすすめな店舗

  • 信頼できる電力会社を使いたい
  • 馴染みのある電力会社と契約したい
  • 自宅の電力と同じサービスを使いたい

関西電力の従量電灯Aは、契約アンペア数が60アンペア以下と低めに設定されているため、電力消費が少ない事務所などへの導入がおすすめです。

一方の従量電灯Bは、契約アンペア数が6kVa以上と高めに設定されているため、一般家庭よりも大きな電力を消費する店舗用途におすすめです。

関西電力のメリット

関西電力を利用するメリットとしては「大手電力会社ならではの信頼性や安全性が担保できる」というものが挙げられるでしょう。

また、料金プランも比較的シンプルなうえ、余計なオプションなどもないため、こだわりや信頼性を重視したい場合などにおすすめです。

関西電力のデメリット

関西電力を利用するデメリットとしては「新電力サービスと比較して電気料金が割高に設定されている」というものが挙げられます。

店舗のコスト削減や固定費の削減が目的ということであれば、基本料金や従量料金の安い自由化サービスの利用を検討してみましょう。

関連記事

▶︎ 関西電力の店舗向け低圧プランを徹底解説!従量電灯AやBは高いって本当?

▶︎ 【完全網羅】関西電力の法人プランを徹底解説!低圧と高圧はどっちがおすすめ?

ENEOSでんきの法人プラン

ENEOSでんきの法人プラン イメージ画像

ENEOSでんきの「個別見積り」はコチラ!

ENEOSでんきを含む「一括見積り」はコチラ!

ENEOSでんきの店舗向けプラン

ENEOSでんきから提供されている店舗向けの電力サービスとしては、主に下記の2つのプランが挙げられます。

  1. 関西Aプラン(従量電灯Aに相当)
  2. 関西Bプラン(従量電灯Bに相当)

ENEOSでんきがおすすめな店舗

  • 月々の電気代やガス代を安くしたい
  • 毎月の固定費はカードで支払いたい
  • 法人カードの契約も同時に考えている

ENEOSでんきは、関西電力から提供されている従量電灯プランよりも、基本料金と従量料金が割安に設定されています。

関西電力の従量電灯プランを利用するよりも、確実に毎月の電気代を安くすることができるため、自由化が初めてな場合などにおすすめです。

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきを利用するメリットとしては「シナジーカードの利用によってガソリン代を節約できる」というものが挙げられます。

同社の発行するシナジーカードで決済することにより、ガソリン代や灯油代も節約することができるため、配達車両を使う場合などにおすすめです。

ENEOSでんきのデメリット

ENEOSでんきを利用するデメリットとしては「2年契約の場合には契約期間の縛りが発生する」というものが挙げられます。

2年以内に解約する場合、別途契約解除料として1,100円(税込)の違約金が発生するため、あらかじめ注意しておきましょう。

Looopでんきの法人プラン

Looopでんきの法人プラン イメージ画像

Looopでんきの「個別見積り」はコチラ!

Looopでんきを含む「一括見積り」はコチラ!

Looopでんきの店舗向けプラン

Looopでんきから提供されている店舗向けの電力サービスとしては、主に下記の2つのプランが挙げられるでしょう。

  1. ビジネスプラン
  2. 動力プラン

Looopでんきがおすすめな店舗

  • 電気の基本料金を安くしたい
  • 電気自動車を業務で使用している
  • 一年を通して電気を使わない時期がある

Looopでんきでは、電気の基本料金が0円に設定されているため、毎月の電気料金は使った分だけの支払いで安く済ませることができます。

また、電気自動車(EV)やガスとのセット割引などもあるため、対象の条件に当てはまっている場合にはメリットが大きいと言えるでしょう。

Looopでんきのメリット

Looopでんきを利用するメリットとしては「基本料金0円で電気を使うことができる」というものが挙げられます。

契約期間の縛りや解約手数料なども設けられていないため、使った分だけの支払いで毎月の固定費を削減することができます。

Looopでんきのデメリット

Looopでんきを利用するデメリットとしては「動力プランではガスとのセット割引が適用できない」というものが挙げられます。

また、基本料金0円を実現している一方で、まだまだ知名度が低いことや、明細の郵送には非対応であることなどは、あらかじめの注意が必要です。

店舗向けの電力会社を選ぶときの注意点

店舗向けの電力会社を選ぶときの注意点 イメージ画像

基本料金を比較する

電気の基本料金とは、毎月の使用量に関わらず一定の金額が発生する、基本的な固定費を指すものです。

使用した電力量に関係なく、毎月一定の金額が請求されるため、基本料金の安さで選ぶというのも重要なポイントです。

従量料金を比較する

電力量料金とは、その月に使った電気の使用量に応じて加算される、従量制の変動費を指すものです。

自由化サービスのなかには、使えば使うほど割引が大きくなるサービスもあるため、まずは現状の使用量を確認しましょう。

実際の料金を試算する

電力会社を切り替えた結果、毎月の電気料金が高くなってしまったというトラブルはなるべく避けておきたいところです。

現状の電力会社と新しく契約する電力会社の料金を事前に試算しておくことで、不本意な値上がりを防ぐことができます。

評判や口コミを確認する

新電力のサービスのなかには、標準でオプションを設けているものや、営業電話をかけてくる会社も少なくありません。

契約の前には、SNSのエゴサーチや口コミサイトから、検討している会社の評判や口コミを調べておきましょう。

電力会社へ見積りを依頼する

料金プランが魅力的な電力会社であっても、契約の前には、必ず事前の料金見積りを実施しておきましょう。

新電力のなかには、契約期間の縛りや違約金などが設けられている場合もあるため、あらかじめの注意が必要です。

まとめ

関西電力エリアで使える店舗向けの電力会社を徹底比較! まとめ画像

今回は、関西エリアで利用することができる電力会社の比較を通して、プランごとのメリットやデメリットなどを詳しく解説していきました。

関西電力の従量電灯AやBのプランなどは、店舗における導入実績も豊富であるため、大手ならではの安心感が大きな魅力と言えるでしょう。

しかし、他社の新電力サービスと比較した場合、基本料金や従量料金が割高になってしまう恐れがあるため、安易な導入は禁物です。

契約の前には、まずは自身の店舗で使える電力会社の一括比較を通して、利用可能な電力会社の最安値をチェックしておくのがおすすめです!

▶︎ 店舗で使える電力会社を一括見積り!今すぐ無料で最安値をチェック!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

050-3358-2376 営業時間:平日9:00~19:00