関東最安値の電力会社は?法人契約を徹底比較!おすすめや選び方のポイントも解説

アイキャッチ画像

関東電力管内で、これからいくつか電力会社を絞り契約する法人企業様もいるでしょう。

しかし選ぶにも法人契約ができる電力会社も数多く迷うところです。

今回は、関東電力管内から7社を選びメリットやデメリット、その他法人向け低圧電力の電力会社やプラン選びのポイントを解説いたします。

関東電力管内で法人契約できる電力会社

関東電力管内で法人契約ができる電力会社は数多く、その中から選ぶとなるとどういった部分を基準に選べば良いのか迷い、後伸ばしにしている方も少なくないでしょう。

「事業所移転の際に見直したい!」「電気代のコスト削減を図りたい!」「eco活動を積極的に行っている電力会社を選びたい!」など、法人企業によっても選ぶ基準は様々ですが、事前にそれぞれの電力会社のポイントを抑え失敗しないよう選びたいものです。

今回は、法人企業における関東電力管内で法人契約できる電力会社7社のメリットやデメリット、法人向け低圧電力の電力会社やプラン選びのポイントなど、役立つ情報をご紹介いたします。

関東電力の法人契約について

法人向け関東電力のホームページ

関東電力の料金プラン

プラン名
大区分
小区分
料金(税込)
関東電力プラン[B]
(従量電灯B相当)
基本料金(1契約あたり)30A858.00
40A1144.00
50A1430.00
60A1716.00
電力量料金(1kWhあたり)最初の120kWh19.76
120kWhを超え300kWhまで25.87
300kWh超過分25.69
関東電力プラン[C]
(従量電灯C相当)
基本料金(1kVAあたり)6kVA~50kVA286.00
電力量料金(1kWhあたり)最初の120kWh22.41
120kWhを超え300kWhまで23.63
300kWh超過分25.67
関東電力プラン[低圧電力]
(低圧電力相当)
基本料金(1kWあたり)-785.40
電力量料金(1kWhあたり)夏季19.64
その他季18.95

メリット

  1. エリアに都化することで最安級のプランを実現
  2. これまでと品質は同じ
  3. 書類のご記入だけで切り替えが完了
  4. 契約や手続きに費用がかからない

デメリット

 関東電力は、関東圏の電力のユーザーに対し電力がお得に利用できるよう提供しています。そのためその他の地域も事前に確認する必要があります。

電力供給エリアは、東京電力館内の他に東北・中部・関西・中国・四国・九州電力管内となっており、各エリアによって料金が異なります。

おすすめの方

高圧、特別高圧、低圧電力を使用されている事務所ビル・工場・学校・病院・自治体施設、福祉施設、食品製造、飲食店、製造業事務所、小売店、保育園、携帯ショップ、工務店、介護施設などの法人様におすすめです。

出典元:関東電力

関東電力の個別見積はこちら

関東電力など30社以上の一括見積はこちら

Looopでんきの法人契約について

法人向けLooopでんきホームページ

Looopでんきは、株式会社Looopから提供されている自由化電力サービスであり、法人契約が可能です。オフィスや複合施設などで利用されておりコスト削減した法人企業におすすめです。

Looopでんきの料金プラン

  1. ビジネスプラン
  2. 動力プラン

Looopでんきのメリット

基本料金0円で、使用した電力量に応じた支払いで良い点がメリットとして挙げられます。契約期間内に解約しても解約金は発生しません。

Looopでんきのデメリット

セット割やまとめ割などの「お得サービス」が少ない点や、クレジットカードのみの支払いという点が挙げられます。

出典元:Looopでんき

Looopでんきの個別見積はこちら

Looopでんきなど30社以上の一括見積はこちら

ソフトバンクでんきfor Bizの法人契約について

法人向けソフトバンクでんきforBizホームページ

ソフトバンクでんきfor Bizは、飲食店、介護施設、営業所、飲食店などさまざまなニーズに対応する法人契約が可能な電力会社です。

ソフトバンクでんきfor Bizの料金プラン

料金シュミレーションにて確認が可能です。

現在、法人さま向け電気セット割キャンペーン実施中(2021年10月1日~2021年12月31日まで)1メーターあたり初月/最大10,000円割引が適用されます。

ソフトバンクでんきfor Bizのメリット

電気の切り替え手数料が不要な点や、電気の請求をモバイルやその他のソフトバンクとまとめて一括請求が可能。経理業務の負担軽減に繋がる事がメリットとして挙げられます。

ソフトバンクでんきのデメリット

北陸電力、沖縄電力、離島は対象外な点がデメリットとして挙げられます。

出典元:ソフトバンクでんき for Biz

ソフトバンクでんき for Bizの個別見積はこちら

ソフトバンクでんき for Bizなど30社以上の一括見積はこちら

エルピオでんきの法人契約について

法人向けエルピオでんきホームページ

エルピオ電気は、東北、東京、中部、関西、中国、四国、北陸、九州エリアで利用でき法人契約が可能です。

エルピオでんきの料金プラン

  • スタンダードプランL(東北電力従量電灯C相当、契約容量6kVAの契約者が対象)

エルピオでんきのメリット

電気使用量が多いほどお得殿高いプランの提供で割引率が大きい、電気のトラブルに対する無料サポートがついて安心な点がメリットとして挙げられます。

エルピオでんきのデメリット

地域独自の料金システムを採用しているため、高くなる場合があります。電気料金の細かな確認が必要です。

出典元:エルピオでんき

エルピオでんきの個別見積はこちら

エルピオでんきなど30社以上の一括見積はこちら

シンエナジーの法人契約について

法人向けシンエナジーホームページ

シンエナジーは、太陽光や地熱発電などの再生可能エネルギー発電で開発を行っており、法人契約も可能です。従量電灯・低圧電力の事務所や飲食店などが対象です。

シンエナジーの料金プラン

  • きほんプランC

シンエナジーのメリット

JALマイルが貯まる、途中解約しても解約金がかからない点がメリットとして挙げられます。

シンエナジーのデメリット

セットプランがない点がデメリットとして挙げられます。

出典元:シンエナジー

Looopでんきの個別見積はこちら

シンエナジーなど30社以上の一括見積はこちら

東急パワーサプライズの法人契約について

法人向け東急パワーサプライズホームページ

東急パワーサプライは、東急(株)と東北電力(株)の出資による電力小売事業であり、法人契約も可能です。事務所事務や、学校、工場商業施設などが利用されています。

東急パワーサプライの料金プラン

お問い合わせとなります。

東急パワーサプライのメリット

初期費用0円、申込書1枚、解約通知不要と手続きが簡単なことや、マイページにて電気料金や電気料金をすぐにチェックできる点がメリットとして挙げられます。

東急パワーサプライのデメリット

東急沿線でのご利用でのメリットは大きいですが、その他での利用ではメリットを感じにくい事がデメリットとして挙げられます。

出典元:東急パワーサプライ

Looopでんきの個別見積はこちら

東急パワーサプライなど30社以上の一括見積はこちら

ミツウロコでんきの法人契約について

法人向けミツウロコでんきホームページ

ミツウロコでんきは、太陽光・風力・バイオマス発電などの再生可能エネルギーのうち、国の固定価格買い取り制度の適用を受けたFIT電気を20%調達、再生可能エネルギーを10%調達しており法人契約が可能です。

ミツウロコでんきの料金プラン

料金はシュミレーションにて確認ができます。

ミツウロコでんきのメリット

電気を多く使うほど料金がお得、解約時の違約金不要、供給エリアが広い事がメリットとして挙げられます。

ミツウロコでんきのデメリット

請求書の発行に手数料(月/108)がかかる事がデメリットして挙げられます。

出典元:ミツウロコでんき

ミツウロコでんきの個別見積はこちら

ミツウロコでんきなど30社以上の一括見積はこちら

GREENa(グリーナ)でんきの法人契約について

法人向けGREENa(グリーナ)ホームページ

GREENa(グリーナ)でんきは、日本で初めて自然エネルギー100%の電力プランを実現しており、法人契約も可能です。

GREENa(グリーナ)でんきの料金プラン

  1. GREENa RE100
  2. GREENa スタンダード

GREENa(グリーナ)でんきのメリット

100%自然エネルギー、CO2排出ゼロで環境意識のアピールに繋がる点がメリットとして挙げられます。

GREENa(グリーナ)のデメリット

「GREENa RE100」を契約すると電気料金がこれまでと変わらず、コスト削減には不向きである点がデメリットして挙げられます。

出典元:GREENa(グリーナ)でんき

GREENa(グリーナ)でんきの個別見積はこちら

GREENa(グリーナ)でんきなど30社以上の一括見積はこちら

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

050-3358-2376 営業時間:平日9:00~19:00