東北電力エリアで使える店舗向けの電力会社を徹底比較!最安値はどこ?

アイキャッチ画像

「東北エリアで店舗向けの電力会社を探している」
「東北電力エリアで使える最安プランを知りたい」

東北電力管内で利用することができる店舗向けの電力サービスとしては、地域の電力会社や新電力サービスなど、魅力的な選択肢が数多く存在します。

しかし、利用する設備や機材、施設全体の消費電力量などによって向いている電力会社は異なるため、選び方がわからない店舗も多いことでしょう。

当記事では、東北エリアで利用することができる電力会社の一括比較を通して、プランごとのメリットやデメリットなどを詳しく解説していきます。

東北電力エリアで「店舗向けの電力会社を探している方」新電力で安く電気を使いたい方」などは、電力会社選びの参考にしてください。

東北電力の店舗向けプランとは?

東北電力の店舗向けプランとは? イメージ画像

▶︎ 参照:東北電力 公式サイト

提供エリア東北6県+新潟県・首都圏
所在地宮城県仙台市青葉区本町一丁目7番1号
運営会社東北電力株式会社

東北電力の法人向けプランとは、東北電力株式会社から提供されている法人向けの電力サービスを指すものです。

複数のプランから展開されているため、契約する電力量や設備に合わせながら最適なプランを選ぶことが可能です。

東北電力の提供するWEBサービス「よりそうeネット」に登録しておくことで、月々の電力使用量や料金なども細かく把握することができます。

東北電力管内の店舗向け電力会社は主に2種類

東北電力管内の店舗向け電力会社は主に2種類 イメージ画像

東北地域で利用することができる店舗向けの電力会社としては、主に「地域電力会社」と「新電力サービス」の2種類の電力会社が挙げられます。

  • 地域電力会社(東北電力や東京電力など)
  • 新電力サービス(ENEOSやニチデンなど)

新電力サービスとは、地域電力会社(東北電力や東京電力など)以外の新興の電力会社のことです。電力の小売りを行う新規参入の事業者を指します。

地域電力会社

地域電力会社は、古くからある地元に根ざした電力会社であるため、信頼性やサポート品質などの面で優れています。

新電力サービス

新電力サービスは、東北電力などの地域電力会社と比較して、基本料金や従量料金が安価に設定されているため、コスト削減の面で優れています。

東北電力がおすすめな人新電力サービスがおすすめな人
  • 馴染みの会社を使いたい
  • 請求書払いで支払いたい
  • サポートを重視したい
  • 安く電気を使いたい
  • 電気とガスをとめたい
  • お得な特典を受けたい

結論:東北電力の店舗向けプランなら「よりそう+eネットバリュー」がおすすめ

▶︎ 東北電力の個別見積りはこちら!
▶︎ 東北電力を含む一括見積りはこちら!

東北電力を店舗で利用するようであれば「よりそう+eネットバリュー」の導入をおすすめします。飲食店や商店、美容室や事務所などの小規模な店舗に最適です。

  • よりそう+eネットバリューの電気料金
区分単位料金単価
基本料金 *110A/1契約275円00銭
15A/1契約440円00銭
20A/1契約605円00銭
30A/1契約935円00銭
40A/1契約1,265円00銭
50A/1契約1,595円00銭
60A/1契約1,925円00銭
電力量料金 *2120kWh 未満18円58銭
120kWh〜300kWh25円33銭
301kWh 以上29円28銭

▶︎ 参照:東北電力 よりそう+eネットバリュー 公式ページ

*1 基本料金:使用量に関わらず一定の金額が発生する電気の基本料金のこと
*2 電力量料金:利用した電気の使用量に応じて変動する電気の従量料金のこと

東北電力から提供されている「よりそう+eネットバリュー」では、電気の基本料金が通常の従量電灯プランよりも少しだけ安く設定されています。

従量電灯プランを契約するよりも、基本料金を毎月55円だけ安く節約することができるため、こだわりがない場合にはネットバリュープランを契約しましょう。

従量電灯Bや従量電灯Cは無難だが料金が高い

従量電灯Bや従量電灯Cは無難だが料金が高い イメージ画像

東北電力の店舗向けプランとしては、従来からある「従量電灯」の導入もおすすめですが、基本料金や電力量料金は割高に設定されています。

電力設備が60A(アンペア)に満たない場合には「従量電灯B」の導入が、60A(アンペア)を超える場合には「従量電灯C」の導入がおすすめです。

従量電灯Bの月額料金

  • 従量電灯Bの電気料金(60A未満の場合)
区分単位料金単価
基本料金10A/1契約330円00銭
15A/1契約495円00銭
20A/1契約660円00銭
30A/1契約990円00銭
40A/1契約1,320円00銭
50A/1契約1,650円00銭
60A/1契約1,980円00銭
電力量料金120kWh 未満18円58銭
120kWh〜300kWh25円33銭
301kWh 以上29円28銭

▶︎ 参照:東北電力 従量電灯B 公式ページ

従量電灯Cの月額料金

  • 従量電灯Cの電気料金(60A以上の場合)
区分単位料金単価
基本料金1kVA
330円00銭
電力量料金120kWh 未満18円58銭
120kWh〜300kWh25円33銭
301kWh 以上29円28銭

▶︎ 参照:東北電力 従量電灯C 公式ページ

従量電灯プランを使うべき店舗

よりそう+eネットバリューと比較して料金は割高ですが、60A以上の利用であれば従量電灯Cが使えるため、消費電力の大きい重飲食店におすすめです。

また、東北電力では時間帯によって料金が安くなるプラン降雪時期に割引が適用されるプランなどもあるため、詳しくは公式サイトをチェックしましょう。

東北電力の店舗向けプランのメリット

東北電力の店舗向けプランのメリット イメージ画像

電気使用量をWEBから確認できる

東北電力では、月々の使用量をWEBから確認することができる「よりそうeネット」を提供しているため、毎月の電気料金の把握に便利です。

電気料金や検診結果の確認なども、いちいち紙を見る必要がなくなるため、いつでもどこでも電力使用料をチェックすることができます。

継続利用で毎月ポイントが貯まる

東北電力の「よりそう+eねっとバリュー」では、クレジットカード(クレカ)での支払いにより、毎月75ポイントが貯まる仕組みになっています。

口座振替の場合は毎月50ポイントになりますが、カード支払いであれば、年間900ポイントを貯めることができるため、おすすめのプランの一つです。

降雪時期の割引プランが利用できる

東北電力では、降雪時期になると電気料金が安くなる「よりそうCスノー&ホーム」という少し変わったプランも提供しています。

除雪機器や暖房機器の利用など、降雪時期には電気の料金が上がりやすくなってしまうため、冬場の電気料金に悩んでいる場合におすすめです。

東北電力の店舗向けプランのデメリット

東北電力の店舗向けプランのデメリット イメージ画像

新電力よりも電気料金が高い

東北電力の店舗向けプランは、他社の新電力サービスと比較して、基本料金と電力量料金が割高に設定されています。

そのため、地域電力に特別なこだわりがないようであれば、電気の品質が変わらない新電力サービスを利用するのがおすすめです。

昼間に安くなる割引プランがない

東北電力には、電気を多く消費する日中における割引プランがないため、昼間がピーク時間帯となるカフェやレストランなどは注意が必要です。

日中の明るいうちに、電気を多く使いたいという店舗であれば、東北電力以外の新電力サービスの利用を検討してみましょう。

貯めたポイントを支払いに使えない

東北電力で貯めたポイントは、ギフト券や商品券と交換することはできますが、月々の支払いに利用することはできないため注意が必要です。

また、交換可能なギフト券に関しても、ポイントの要求が高めに設定されているため、実際の交換までには数ヶ月の期間がかかります。

東北電力管内で使える店舗向けの新電力一覧

東京電力の店舗向けプラン

東京電力の店舗向けプラン イメージ画像

東京電力の個別見積りはコチラ!
東京電力を含む一括見積りはコチラ!

東京電力の料金

東京電力は、東京電力エナジーパートナー(TEPCO)から提供されている電力サービスです。

地域電力会社から直接販売されている新電力ブランドであるため、安心と信頼の置ける電力サービスです。

東京電力のメリット

東京電力の店舗向けプランを契約することで、電気の使用履歴の確認に便利な「ビジネスTEPCO」を利用することができます。

時期や時間帯ごとの使用量を確認することで、各月の使用量の把握や拠点ごとの比較などに役立てることができるでしょう。

東京電力のデメリット

一方、東京電力のデメリットとしては「地域によっては選べないプランがある」というものが挙げられます。

使いたいプランがある場合には、店舗のエリアが提供範囲かどうか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

ENEOSでんきの店舗向けプラン

ENEOSでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ENEOSでんきの個別見積りはコチラ!
ENEOSでんきを含む一括見積りはコチラ!

ENEOSでんきの料金

自由化電力のなかでも、圧倒的な知名度とユーザー数を誇っているのが、大手自由化サービスのENEOSでんきです。

北海道から九州にかけて、細かな料金プランが設定されているため、公式サイトからシミュレーションを行ってみましょう。

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきのメリットとしては「カード決済によってガソリン代もセットでお得になる」というものが挙げられます。

専用クレジットカードでの決済によって、ガソリン代もセットで安くなるため、積極的に活用していきたいところです。

ENEOSでんきのデメリット

一方、ENEOSでんきのデメリットとしては「2年契約を選ぶと契約解除料が発生する」というものが挙げられます。

また、法人の専用クレジットカードを持っていない場合には、メリットが薄くなる可能性があるため注意しておきましょう。

Looopでんきの店舗向けプラン

Looopでんきの店舗向けプラン イメージ画像

Looopでんきの個別見積りはコチラ!
Looopでんきを含む一括見積りはコチラ!

Looopでんきの料金

Looopでんきは、株式会社Looopから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

基本料金が0円に設定されているため、少ないリスクで電気代の削減を実施することができます。

Looopでんきのメリット

Looopでんきのメリットとしては「電気の基本料金を永年0円で使うことができる」というものが挙げられます。

解約にかかる事務手数料なども設けられていないため、電力量料金だけの支払いで毎月の電気代を削減することができます。

Looopでんきのデメリット

一方、Looopでんきのデメリットとしては「動力プランではガスとのセット割引が適用できない」というものが挙げられます。

また、低価格の料金プランを実現している一方、明細の郵送には非対応であることも、あらかじめ注意しておきましょう。

ハルエネでんきの店舗向けプラン

ハルエネでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ハルエネでんきの個別見積りはコチラ!
ハルエネでんきを含む一括見積りはコチラ!

ハルエネでんきの料金

ハルエネでんきは、株式会社ハルエネから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

豊富な料金プランから展開されているため、用途や目的に沿った柔軟なプラン選択を実現することができます。

ハルエネでんきのメリット

ハルエネでんきのメリットとしては「柔軟なプラン選択を行うことができる」というものが挙げられます。

他社よりも提供しているプラン数が豊富であるため、事業の規模や用途に合わせて、最適なプランを選ぶことができます。

ハルエネでんきのデメリット

一方、ハルエネでんきのデメリットとしては「更新月以外の解約には違約金が発生する」というものが挙げられます。

基本料金や従量料金が安いぶん、更新月以外の解約には別途9,800円の違約金が発生するため、注意しておきましょう。

店舗の電力を選ぶときのコツと注意点

店舗の電力を選ぶときのコツと注意点 イメージ画像

1.基本料金を比較する

電気の基本料金とは、毎月の使用量に関わらず一定の金額が発生するものであり、電気の基本的な固定費を指すものです。

使用した電力量に関係なく、毎月一定の金額が請求されるため、基本料金の安さで選ぶというのも重要なポイントの一つです。

2.電力量料金を比較する

電気の電力量料金とは、その月に使った電気の使用量に応じて加算されるものであり、電気の従量制の変動費を指すものです。

自由化サービスのなかには、使えば使うほど割引が大きくなるサービスもあるため、まずは現状の使用量を確認することが大切です。

3.実際の料金を試算する

電力会社を切り替えた結果、毎月の電気料金が高くなってしまったというトラブルは、なるべく避けておきたいところです。

現状の電力会社と新しく契約する電力会社の料金を事前に試算しておくことで、不本意な料金の値上がりを未然に防ぐことができます。

4.口コミや評判を確認する

新電力のサービスのなかには、標準でオプションが付属しているものや、しつこく営業電話をかけてくる会社も少なくありません。

契約の前には、SNSのエゴサーチや口コミサイトなどを活用しながら、検討している会社の評判や口コミを調べておくのがおすすめです。

5.電力会社へ見積りを依頼する

どれだけ料金プランが魅力的な電力会社であっても、契約の前には必ず事前の料金見積りを依頼しておきましょう。

新電力のなかには、契約期間の縛りや違約解約金などが設けられている場合もあるため、気になるポイントは事前に払拭しておくべきです。

利用状況の確認から最適なプランを選ぼう

利用状況の確認から最適なプランを選ぼう イメージ画像

今回は、東北エリアで利用することができる電力会社の一括比較を通して、プランごとのメリットやデメリットなどを詳しく解説していきました。

東北電力の店舗向けプランは、電力使用料の確認に便利なWEBサービスの提供に加えて、サポート品質の高さが大きな魅力と言えます。

しかし、料金だけを見ると、他社のサービスよりも割高に設定されているため、コストや固定費の削減が目的であれば、新電力の利用をおすすめします。

「東北エリアで店舗向けの電力会社を探している」
「東北電力エリアで使える最安プランを知りたい」

このような方はぜひ一度、無料の一括見積りサービスを利用して、店舗で使える電力会社の最安値をチェックしてみましょう!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

050-3358-2376 営業時間:平日9:00~19:00