電気料金比較

【東京電力管内】店舗向け電気会社4選を徹底比較!選び方のコツや注意点とは?

アイキャッチ画像

店舗の新電力を関東周辺で探している...

東電管内で契約できる電力を知りたい...

店舗に合った電気の選び方がわからない...

関東周辺で飲食店やヘアサロンなどを営む場合、店舗業務の運営には必ずお店で使う電気の契約が必要になります。

特に東京電力エリアは、契約可能な店舗向け電気の選択肢も多く、サービス選びに迷ってしまうシーンも少なくありません。

今回は、東京電力管内で利用することができる店舗向け電力4選の比較を中心に、選び方についても解説していきます!

東京電力の供給エリア

東京電力の供給エリア イメージ画像

東京電力の提供範囲は、主に「関東・中部・関西」の3エリアにまたがっており、地域によって使えるプランが異なります。

近ごろでは自由化の影響にともなって、関西エリアや中部エリアでも提供が行われているため、嬉しいポイントの一つです。

関東エリア
栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(島嶼地域を除く)、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)
中部エリア
愛知県、岐阜県(一部を除く)、三重県(一部を除く)、静岡県(富士川以西)および長野県の一部地域
関西エリア滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除く)、福井県の一部、岐阜県の一部および三重県の一部

東京電力管内の店舗向け電力会社

東京電力管内の店舗向け電力会社 イメージ画像

東京電力の店舗向けプラン

東京電力管内の店舗向け電力会社として、まず真っ先に思い浮かぶのは、東京電力の法人プランの存在です。

東京電力の法人プランには、主に低圧プランと高圧・特別高圧プランとがあり、店舗には低圧プランの導入がおすすめです。

また、低圧プランのなかでも、スタンダード・プレミアム・動力プランなどがあるため、用途に応じたプラン選びが重要です。

低圧プラン
スタンダードプラン
プレミアムプラン
動力プラン
高圧・特別高圧プラン特別高圧電力A
特別高圧電力B
高圧季節別時間帯別電力 など

自由化電力の店舗向けプラン

電力自由化の影響にともなって、現在では東京電力以外の電気についても、契約者が自由に選択できるようになりました。

店舗向けの自由化サービスとしては、ENEOSでんきやLooopでんき、ハルエネでんきなどが代表的な新電力です。

通信キャリアから提供されているSoftBankでんきや、百貨店で有名な東急でんきなども、利用者の多いサービスといえます。

東京電力管内で利用できる新電力ENEOSでんき
Looopでんき
ハルエネでんき
SoftBankでんき
東急でんき など

東京電力の店舗向けプラン

東京電力の店舗向けプラン イメージ画像

東京電力の個別見積りはコチラ!

東京電力を含む一括見積りはコチラ!

東京電力の料金

東京電力は、東京電力エナジーパートナー(TEPCO)から提供されている電力サービスです。

地域電力会社から直接販売されているブランドであるため、安心と信頼の置ける電力サービスであるといえるでしょう。

東京電力では、主に下記の3つのプランが店舗に向けて販売されています。

  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • 動力プラン

参照サイト:https://www.tepco.co.jp/jiyuuka/service-corporate/index-j.html

東京電力のメリット

東京電力の法人プランを契約することで、電気の使用履歴の確認に便利な「ビジネスTEPCO」を利用することができます。

時期や時間帯ごとの使用量を確認することで、各月の使用量の把握や拠点ごとの比較などに役立てることができるでしょう。

東京電力のデメリット

一方、東京電力のデメリットとしては「地域によっては選べないプランがある」というものが挙げられます。

使いたいプランがある場合には、店舗のエリアが提供範囲かどうか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

ENEOSでんきの店舗向けプラン

ENEOSでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ENEOSでんきの個別見積りはコチラ!

ENEOSでんきを含む一括見積りはコチラ!

ENEOSでんきの料金

自由化電力のなかでも、圧倒的な知名度とユーザー数を誇っているのが、大手自由化サービスのENEOSでんきです。

北海道から九州にかけて、細かな料金プランが設定されているため、公式サイトからシミュレーションを行ってみましょう。

参照サイト:https://www.eneos.co.jp/denki-kyotsu/teiatsu/

ENEOSでんきのメリット

ENEOSでんきのメリットとしては「カード決済によってガソリン代もセットでお得になる」というものが挙げられます。

専用クレジットカードでの決済によって、ガソリン代もセットで安くなるため、積極的に活用していきたいところです。

ENEOSでんきのデメリット

一方、ENEOSでんきのデメリットとしては「2年契約を選ぶと契約解除料が発生する」というものが挙げられます。

また、法人の専用クレジットカードを持っていない場合には、メリットが薄くなる可能性があるため注意しておきましょう。

Looopでんきの店舗向けプラン

Looopでんきの店舗向けプラン イメージ画像

Looopでんきの個別見積りはコチラ!

Looopでんきを含む一括見積りはコチラ!

Looopでんきの料金

Looopでんきは、株式会社Looopから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

基本料金が0円に設定されているため、少ないリスクで電気代の削減を実施することができます。

Looopでんきでは、主に下記の2つのプランが店舗向けに販売されています。

  • ビジネスプラン
  • 動力プラン

参照サイト:https://looop-denki.com/low-v/plan/

Looopでんきのメリット

Looopでんきのメリットとしては「電気の基本料金を永年0円で使うことができる」というものが挙げられます。

解約にかかる事務手数料なども設けられていないため、電力量料金だけの支払いで毎月の電気代を削減することができます。

Looopでんきのデメリット

一方、Looopでんきのデメリットとしては「動力プランではガスとのセット割引が適用できない」というものが挙げられます。

また、低価格の料金プランを実現している一方、明細の郵送には非対応であることも、あらかじめ注意しておきましょう。

ハルエネでんきの店舗向けプラン

ハルエネでんきの店舗向けプラン イメージ画像

ハルエネでんきの個別見積りはコチラ!

ハルエネでんきを含む一括見積りはコチラ!

ハルエネでんきの料金

ハルエネでんきは、株式会社ハルエネから提供されている、自由化(新電力)サービスです。

豊富な料金プランから展開されているため、用途や目的に沿った柔軟なプラン選択を実現することができます。

ハルエネでんきでは、主に下記の8つのプランが店舗に向けて販売されています。

  • シンプルプランH(Q)プラス
  • 法人スマートプランH(Q)プラス
  • ハルエネ動力プランH(Q)プラス
  • 動力店舗サポートプランH
  • 動力オフィスサポートプランH
  • 法人バリュープランH
  • 店舗応援プランH
  • 法人ライフプランH(Q)

参照サイト:https://haluene.co.jp/price/

ハルエネでんきのメリット

ハルエネでんきのメリットとしては「柔軟なプラン選択を行うことができる」というものが挙げられます。

他社よりも提供しているプラン数が豊富であるため、事業の規模や用途に合わせて、最適なプランを選ぶことができます。

ハルエネでんきのデメリット

一方、ハルエネでんきのデメリットとしては「更新月以外の解約には違約金が発生する」というものが挙げられます。

基本料金や従量料金が安いぶん、更新月以外の解約には別途9,800円の違約金が発生するため、注意しておきましょう。

店舗向け電力選びのコツと注意点

店舗向け電力選びのコツと注意点 イメージ画像

基本料金を比較する

電気の基本料金とは、電力の使用量に関係なく、毎月一定の金額が発生するベーシックな固定費を指すものです。

使った電力量に関わらず、毎月一定の金額が引かれるため、基本料金の安さで選ぶというのも重要なポイントの一つです。

電力量料金を比較する

電力量料金とは、使った電気の量に応じて毎月の請求金額が異なる従量制の変動費を指すものです。

新電力の中には、使えば使うほど割引率が高くなるサービスもあるため、まずは現状の使用量を確認することが大切です。

実際の料金を試算する

電力会社を切り替えた結果、逆に毎月の請求金額が高くなってしまったという事例なども、少なからず存在します。

現在のプランと新しく契約したいプランの料金を事前に試算することで、乗り換えによる値上がりを防ぐことが重要です。

口コミや評判を確認する

自由化サービスの中には、標準オプションを設けているものや、商品の勧誘を行ってくるものも少なくありません。

契約の前段階には、口コミサイトやSNSのエゴサーチ機能から、検討している会社の評判を調べてみるのがおすすめです。

電力会社へ見積りを依頼する

料金プランがどれだけ魅力的な電力会社であっても、本契約の前には必ず事前の見積りを依頼しておくべきでしょう。

サービスによっては、契約期間の縛りや違約金などが設けられている場合もあるため、説明はキチンと受けておくべきです。

まとめ

【東京電力管内】店舗向け電気会社4選を徹底比較!選び方のコツや注意点とは? まとめ画像

今回は、東京電力管内で利用することができる店舗向け電力4選の比較を中心に、選び方についても解説していきました。

東京電力エリアは、契約可能な電力会社が多い一方で、選択肢の多さからどの電気を使えば良いか判断に迷ってしまいます。

電気の料金プランは複雑で難しい...

店舗に向いている電気がわからない...

そんな場合にはぜひ一度、電力会社の無料一括見積りサービスを利用して、店舗で使える電気の最安値をチェックしましょう!

店舗で使える電力会社を一括見積り!今すぐ無料で最安値をチェック!

\まずはお気軽にご相談ください/

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちらから

03-5877-3324 営業時間:平日9:00~19:00